認知症に対する介護と支援

認知症高齢者は短記憶の保持が難しくなり、同じことを繰り返し話す、火の消し忘れ等様々な問題が生じます。


特に、身体に障害がない場合身体介護は必要なくとも、徘徊や家に戻ってこられないといった場合もあり、常に誰かの支援を必要となる状態になってしまうこともあります。認知症高齢者に対しよく言われることは「否定しない」ということです。人は否定されるとストレスを感じるもの。

認知症高齢者は季節に合った服を選べなくなったり、物をなくしてしまったりすることもあり家族から否定されてしまいがちです。
本人が話すことに対し、なるべく受容的な態度を取ることで本人も「聞いてもらえている」という安心を得ることができます。

家族の接し方が邪険になればなるほど、認知症高齢者もストレスを感じ認知症状を悪化させてしまいます。
なので、「そうなんだね」と話を聞くことで認知症状が落ち着く場合も見られています。



また、認知症高齢者は自分ができなくなったといわれていることにも敏感になります。



介護をしているとどうしてもできていないことに目がいってしまいます。

「以前はできていたのに」といったことを認知症高齢者に伝えると不安やストレスを感じてしまい、認知症状を悪化させてしまうかもしれません。

日本経済新聞に関しての関心度が高まっています。

家族にとってどのような支援が必要なのかなかなか答えが見つからないのか介護です。
家族で抱えるのではなく、デイサービスや高齢者相談センターといったところでどのような支援が良いのか相談することが大切です。